本日はしびれ治療についてお話致します。
しびれの症状は手足に起こるものが多く、神経の出口や通り道で何か障害がある際に表れてきます。

例えば腕や手のしびれであれば、神経の出口は首の骨周辺にあるので、首の骨に何か異常がある場合はしびれや痛みが生じます。
骨の異常であれば、まず病院で検査を受けしっかりと治療をする必要があります。
また腕や手に向かう神経の束は腕神経叢と呼ばれますが、この束が首元の鎖骨の上あたりにある筋肉の間を通過します。
この筋肉が緊張し神経を圧迫してしまうことで、しびれや痛みを生じる場合もあります。
これを胸郭出口症候群といいます。
この場合は神経を圧迫している原因の筋肉の緊張を緩和することで症状も緩和されることが多いです。

当院ではこういった患者様に対しては手技療法や鍼灸治療を用いて治療を行います。
痛み、しびれの出ている部分だけでなく、全体的なお身体のバランスを考え、負担のかかっている部やしびれの原因となっている部分を突き止め治療していきます。
また、姿勢や身体の使い方によって筋緊張を引き起こす場合もありますので、正しい姿勢の指導やストレッチ指導なども行っておりますので、お気軽にご相談ください。

肩や首のコリが気になり、腕や手にしびれがあるという方は、当院にお任せ下さい。
みなさまのご来院をこころよりお待ちしております。

詳しくは下記のホームページをご覧ください。
http://www.rose-souka-shinden.com/