今日は四十肩・五十肩についてお話します。
肩を動かすと痛い、思うように腕が上がらない、そんな症状が四十肩、五十肩です。「動かしても動かさなくても痛い」という人もいるようです。
40代、50代に多いのでそう言われていますが、実際には20代、30代にも頻発しておこる症状です。
明らかな原因がわかっていないのが現状です。
正式名称は頸肩腕症候群(けいけいわんしょうこうぐん)といいます。
四十肩・五十肩はいったん症状が出ると、衣服の脱ぎ着も辛い、背中がかけないなど、ただ単に肩の痛みとは言っていられないほど、日常生活に支障をきたすようになるとても厄介な病気です。
人によってはかなりの激痛で、肩がまったく動かせなくケースも少なくありません。
四十肩・五十肩は通常、片側にだけ発生します。回復後は再発することはほとんどないのですが、強い肩の痛みを繰り返して訴える場合は、一度検査することをお勧めします。
症状が出始めたらなるべく早く治療を始めることが大切です。
なにかお困りのときは当院にご相談下さい。