こんにちは!柿澤です!

いきなりですが、埼玉県は自転車保有率が日本一というのを知っていますか?

車や電車などの交通機関を利用されることが多くなり、運動する機会も少なくなる中で、

自転車を利用されているいる方が多いというのは素晴らしいことですね。

(ただ自転車を持っているだけということでなければ、、、笑)

 

ですが、自転車保有率が日本一ということは

→自転車をお持ちの方が多い→自転車を利用される方が多い→自転車の交通事故率が高まる

このような場合も考えられると思います。

、、、なので今日は!!

自転車の交通事故について少しお話をさせて頂きたいと思います。

本来、自転車は「自転車走行可能」と標識で明示されている歩道以外では、

車道の左側を走らなければならなかったのですが、

この法改正では「道路が渋滞している場合は歩道を走ってよい」ということになっています。

例えば、日常的に見られる交通ルール違反には次のようなものがあります。

直進方向の左側ではなく右側を逆送する

歩行者専用歩道を自転車から降りずに走行する

一時停止の標識があっても止まらずにすり抜ける

赤信号になっても信号無視する

このような自転車の機動力に物を言わせた交通ルール違反が日常的に行われているんです。

携帯や音楽を聴きながらの走行

交通事故の原因の一つに、わき見や携帯電話の使用をして注意力散漫になって

歩行者や停車中の車の発見が遅れる、ということがあります。

これと同じように自転車に乗っている人が携帯電話で通話していたり、

両耳をイヤフォンでふさいで音楽を聴いたりしながら自転車を走行させている光景を目にすることがあります。

このような携帯を掛けながら・音楽を聴きながらの、

自転車の「ながら運転」には各都道府県の警察で罰則規定が設けられています。

 

なので交通事故に遭われた際は、動けるのであれば、

その場所の証拠写真を撮るなど、警察に連絡をするなど、早い対処を心掛けましょう。

 

何かお困りの際は当院にご連絡ください。

スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。