さて、今日は坐骨神経痛についてお話しさせていただきます。

 

坐骨神経痛・・・この言葉はみなさんも耳にした事があるのではないでしょうか?

 

しかし、坐骨神経痛がいったいどういった疾患なのかざっくりとしか知らない方が多いと思います。

そもそも、坐骨神経とは腰の脊椎から出て、お尻の下を通り大腿の裏を下っていく大きな神経です。

そのためこの神経の走行上に何か障害が起こることで、痛みやしびれが生じます。

症状自体もこの神経に沿うようにして出てきますので、

腰やお尻、大腿や下腿の方まで痛みやしびれが起こります。

 

坐骨神経痛の原因として考えられるのは、まず神経が出てくる腰の脊椎の障害です。

脊柱管狭窄症や、腰部椎間板ヘルニアなどは、脊椎の障害により神経を圧迫したり、

刺激したりすることで症状が出てきます。

また梨状筋症候群では、お尻にある梨状筋という筋肉の緊張により、

坐骨神経が圧迫されるために症状が生じます。

慢性的に腰痛を持っている方の中には、これらの原因疾患をお持ちの方はとても多いです。

 

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの場合は原因疾患の治療を行うことが重要ですが、

同時に痛みやしびれなどの症状を和らげるということもとても大切です。

梨状筋症候群では、お尻の筋肉のコリを解消することで、症状も改善することがあります。

坐骨神経痛の症状の緩和に対しての治療は当院にお任せ下さい。

 

当院では、柔道整復師による手技療法と鍼灸師によ鍼灸治療を用いて治療をさせて頂きます。

腰痛がある、足にしびれがある、お尻のコリがあるなどなど、

自覚症状があるの方は是非一度当院にご相談ください。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。