ストレッチ
当院では膝の痛みでお悩みの患者さんも多く来院されます。

 

膝は日々の何気ない動作の中で常に使う部分です。
歩く、座る、足を組むなど当たり前にやってしまう動きが痛みに繋がってしまうので、
常に痛みに悩まされている方も多いと思います。
膝の痛みには幾つかの種類があります。

 

・オスグッド病・・・成長期の運動のし過ぎにより起こる膝の炎症、痛み
・変形性膝関節症・・・膝の軟骨がすり減ることにより痛みが生じる
・膝の炎症が原因で痛みを持ち、膝に水が溜まる症状
・ケガなどによる半月板、靭帯の損傷
・関節リウマチからくる膝の痛み

 

年齢とともにこれらの痛みの症状が出ることは多くなりますが、痛みがひどくなる前にケアすることで、
歳をとっても変わらず痛みのない足腰で過ごすことが可能になります。
痛みの原因の多くが姿勢の悪さや骨格のズレからくる膝への負担になります。

 

膝の痛みを引き起こしやすい動作

 

長時間座って作業をすることが多い方、正座をよくする方、O脚の方は膝の痛みが起こりやすいといえます。
膝の痛みになりやすい動作をしていないか注意しましょう。
横座りやあぐらの姿勢は関節を変形させますし、靭帯を不必要に引っ張てしまいます。
足がしっかりつく椅子に座りましょう。
また、椅子から立ち上がる時は、立ち上がりながら歩くと膝に負担が大きいので
一度しっかり立ち上がってから歩く、ということを心掛けましょう。
ガニ股歩きやO脚の方も関節が変形する要因です。
足の親指に体重をかける様に意識することが大事です。
なんらかの理由で片足にばかり重心をかけるのも痛みの原因となりますので注意しましょう。

 

膝の痛みを我慢した状態での生活が長ければ長いほど膝の痛みは改善しにくくなってしまいます。
痛みを感じたらなるべく早く治療を始めましょう。
ローズの花鍼灸整骨院では、手技や鍼灸治療などによりお一人お一人の症状に合った治療をしております。
痛みでお悩みの際はお気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをご覧ください ↓