みなさん、こんにちは。

今日は慢性腰痛についてお話します。

慢性的に腰痛に悩まされる人はとても多く、整形外科にも

たくさんの患者さんが訪れますがその多くは病院にかかっても治りません。

なぜなら慢性腰痛の多くは筋膜や関節包など画像検査ではわからない場所に問題があったり、

あるいは全身的な体質、体調の問題が腰痛の原因であることも多く

現代医学では原因も分からず有効な治療法がない場合が多いのです。

 

慢性腰痛を主に次の3つタイプに分けることができます。

1、 腰の力の不足が原因のタイプ

足腰、またはおなかの力が弱く、腰をしっかり支えられずに起こる腰痛です。

体質や体調の問題が腰の症状として現れているのです。

朝は楽で、夕方にかけ徐々に痛くなる、疲れると悪化し休むと楽になる、

長く立っているのが辛いなどの特徴があります。

足腰のだるさや頻尿、夜間尿、食欲不振など腰以外の症状を伴うことが多く

腰だけでなく、体質・体調を改善するツボにも治療をしていきます。

 

2、 腰の関節や筋の慢性炎症によるもの

曲げる、反らす、ひねるなどの特定の動作により痛みます。

多くの場合、反対方向へ動かすのは平気で、じっとしている時には痛みは感じません。

このタイプは腰の局所に問題があるのですがレントゲンなどではわからないため病院にかかってもなかなか治りません。

 

3、 慢性の血行障害によるもの

じっとしていると痛くなり、動いているほうが楽になります。

朝の起きぬけに痛みが強く、夕方にはある程度楽になります。

腰に冷えを伴い雨天や寒冷で悪化するタイプと、腰の重苦しい痛みとともにほてり感があり、

お酒や辛い物の飲食で悪化するタイプがあります。

 

鍼で慢性腰痛を治療する場合それぞれの原因ごとに異なった治療を行います。

いずれのタイプも鍼灸治療で高い治療効果が期待できます。

辛い腰の痛みもローズの花鍼灸整骨院の鍼灸治療で改善させていきましょう♪

予約制となっておりますので、ご希望の場合は事前にご連絡ください。

鍼について詳しい内容を知りたい方は

→http://www.rose-no-hana.com