この時期になると、お手入れをしてもお肌がカサカサしてしまいお肌の調子もあまり良くなりませんね。

なぜ、冬になるとお肌がカサカサしてしまうのかというと

乾燥肌は、皮脂分泌量の低下、角質細胞間脂質や天然保湿因子などの減少により角質の水分含有量が低下している状態です。皮膚の水分は、発汗、不感蒸泄皮膚で減少し、体の内側または大気中の水分により供給されます。角層の水分は皮脂膜、天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質によって保たれています。
乾燥肌の皮膚は表面のうるおいがなく、柔軟性がなくなりもろくなっています。角層の水分量は年齢、性別、体質、気候、環境やライフスタイルなどの要因が関係しています。また腎不全・粘液水腫(すいしゅ)・栄養障害、ビタミンA欠乏症など全身の病気から生じることもあります。ネイルリムーバーに含まれるアセトンなどの脂溶性溶剤の接触で過剰な脱脂と角質細胞間脂質の漏出が生じることもあります。
乾燥肌は白く粉をふいたように見えますが、これは鱗屑(りんせつ)といい、角質層の結合性が弱くなり浮き上がってきた角質細胞が皮膚表面に付着したものです。ただ、ターンオーバーのサイクルが乱れ、角質層が厚くなりゴワついた「過角化」も角質細胞間脂質の産生が間に合わず、白く見えることがあるので、類似の別症状ではないかを見極める必要があります。

そして乾燥肌を引き起こす原因は皮膚量の低下、天然保温因子の低下、角質細胞間脂質の低下があげられます。

20代30代に多いと言われるのが脂性乾燥肌、ドライスキンケアと言われます。

年齢や、ストレス、ホルモンバランスの崩れなどが原因といわれています。

このような症状にお悩みの方にお勧めなのが、当院の美容鍼です。

美容鍼を行うことにより、お肌のハリや潤い、ほうれい線などもなくすことが出来ます。

もし、お肌の調子が良くない方は一度当院の鍼治療を受けてみてください。

1回で効果を実感することが出来ますが、鍼治療を続けていけばその効果が大きくなり効果をもっと

感じやすくなります。

当院の鍼治療はご予約制となっておりますのでお電話でのご予約をお待ちしておりますね。

詳しい内容はこちらまで

ホーム