七月も半ばになり、気温が高い日が続いていますね。この時期になると夏バテという言葉を

よく耳にします。

暑さのせいか、だるくなったり、食欲が低下してくる人が多くいらっしゃいます。

暑さのせいで、冷たいものばかりを口にし、必要な栄養が摂取できずに

本来のパフォーマンスができず、疲れやすい体になり、疲労もたまりやすくなってしまいます。

だからと言って食事を無理にとっても身体に負担がかかってしまい逆効果です。

当院ではそのような症状でお困りのかたには足裏リフレクソロジーをお勧めしています。

そもそもなぜ、夏バテが起きるのかというと、

体温の変化が激しい
私たちの体は、通常、体温が36~37℃の時、最も活動しやすい体になります。暑くなり、体温が上昇すれば、汗をかいて体温を下げる。汗は、体内に存在するミネラル分も、体の外に放出します。そのため、ミネラル分が大量に外に出てしまい足りなくなってしまいます。。それが原因となり、体調バランスが崩れ、疲労しやすい体になってしまいます。

 

栄養の吸収が悪くなる
暑さにより、消化酵素の効力が低下。これにより栄養の吸収が悪くなり、食欲不振を起こしてしまいます。また汗をかき、体の水分が失われるため、冷たい飲み物を多くとってしまい胃腸が冷え、消化不良を起こしてしまいます。
そして、夏になると長い時間冷房のかかった部屋にいることが多くなります。                        暑くなると体は、汗をかいたり血管を広げたりして体温を逃し、暑さに対応します。この体温調節は自律神経の働きによるものですが、冷房が強すぎたり、冷房が利いた室内と暑い屋外を行き来するうちに自律神経が対応しきれなくなり、変調を起こしてしまいます。

夏バテの予防としては、栄養のバランスが取れた食事が大切です。

汗をたくさんかく夏では、ミネラル、ビタミンが大量に消費されてしまっているので野菜、果物、豆製品を

たくさん摂取することをお勧めしています。

そして規則正しい生活が大切です。早寝早起きを心掛け、就寝するときは冷房はかけないで寝るのが

理想ですが、どうしても暑いときは、控えめにつけてください。

このように生活を変えても、だるさや、食欲が戻らない方は是非当院の足裏リフレクソロジーをお勧めします。

足の裏にはたくさんのツボがあり、それを刺激することにより、夏バテの改善につながります。

治療された方は、よくなったと言っていただいてます。

他にも冷え症に効くツボや、神経を整えるツボなど体の健康にかかわるツボがたくさんあります。

当院にきていただきその人に合った治療をしていきます。わからないことなども担当の先生が

丁寧にわかりやすく教えてくださいます。お気軽にお越しください!!

足裏リフレクソロジーはご予約制となっておりますので、お電話でご予約お待ちしております。

詳し内容はこちらまで

http://www.rose.souka.shinden.com

疲労回復に効くツボ↓