厚生労働省の統計によると腰痛の症状は、日本人の約80%の人が経験しているといいます。

だれでも経験するといっていいほど、わたしたちを悩ませる腰痛ですが、原因はどこにあるのでしょうか?

腰痛の原因は様々です。

女性の腰痛は通勤やオフィスでのハイヒール、家事ではかがむ姿勢、そして妊娠・出産と、

男性にくらべて腰痛になりやすい日常生活を送っています。

育児や家事で一日中いそがしい主婦の場合、中腰の姿勢が腰によくない影響を与えます。

また、長時間椅子に座りパソコン作業をしている方も腰に負担をかけています。

その他に、ゴルフや草野球などのスポーツで腰を痛めるケースがあります。

よく聞く腰痛が「ギックリ腰」です。

ぎっくり腰の原因は、筋肉・神経・関節への急激な負荷や、過度の緊張と疲れなどによるもので、

腰の筋膜の一過性の強い炎症です。

デスクワーク中心の人やドライバーの人に多いというデータがあります。

長時間椅子に座りっぱなしだと、トレーニング不足で筋肉の発達が悪くなり、筋力が低下したり、

同じ姿勢を続けているために筋肉が固くなります。

そうしたところへの、不用意な動作をきっかけとしてぎっくり腰が発症します。

 

上記様々な腰痛を予防するには、日々の生活で座る姿勢や食生活などを少し注意するだけで予防する事ができます。

まずは、正しい姿勢を心掛けましょう。

正しい姿勢とは、頭頂部をひもで引っ張られているようなイメージで自然に背すじを伸ばした状態です。

自分の立っている姿を、側面から写真で撮ってもらえば簡単にチェックできます。

耳、肩、股関節、外膝、くるぶしが一直線になる姿勢です。

日々の食生活にも注意しましょう。これは腰痛だけに限ったことではありませんが、

栄養バランスのとれた食事をすることが大事です。

自分がコントロールしないと過食に陥りやすい社会であり、

運動不足からすぐに肥満になってしまう、ということにもなりかねない環境が整っています。

肥満になると、腰に負担がかかってしまいます。

適度な運動をしてぎっくり腰も予防しましょう。

日々の生活で予防・改善できますが、それでも腰痛に悩まされている方は当店にお越し下さい。

患者様に合った治療を行っていきます。

まずは、お気軽にご相談ください。

 

詳しい情報はこちらまで→http://www.rose-souka-shinden.com