今日は《まぶたの痙攣》についてお話させていただきます

みなさんは突然まぶたがピクピク痙攣して、なかなか止まらないなんて経験はありませんか?

これを「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」と言います。

自分の意志とは関係なく、筋肉が収縮する病気で、

眼精疲労やドライアイが引き起こす、一時的なまぶたの筋肉の痙攣です。

多くの場合は、疲れが原因だと言われています。

 

目の疲れを防ぐには、なにより休息が一番です。

デスクワークだったりすると、目はかなり疲労が溜まります。

休憩中やちょっとした仕事の合間に手のひらで目を包んであげ、

温めてあげることでも目は癒されます。

目の疲れがひどいな・・とご自身で感じる場合は、

電子レンジなどで温めた蒸しタオルで目にホットパックをすることをお勧めします。

その後さらに冷やしたタオルで引き締めると血液の循環がよくなりますので、ぜひお試しください。

 

またストレスも目の痙攣には大きく関わっています。

精神的ストレスを取り除くことで早めに治ります。

何事もストレスは溜めこまないのが1番ですね。

 

食生活にも注意をし、目にとって良いビタミンAを中心に、

ビタミンC、ビタミンEをバランスよく摂取しましょう。
またコンタクトレンズやメガネがあっているかどうかも重要です。

パソコンやテレビを見る時の姿勢に気をつけるだけでも疲労感は違います。

 

ぜひできるところから目を労わってあげてください。

「眼が疲れるとまぶたがピクピクする」

「最近まばたきの回数が増えた」

「ドライアイがなかなか良くならない」など・・

そんな症状が続いている人は、眼科診察してもらいましょう。

 

もちろん、なにかお困りの際には当院にご相談ください。