美容鍼は、むくみやたるみに効果があるとされていますが、

なかなか治らないニキビや肌荒れにも効果があるのはご存知でしょうか?

 

一言にニキビといっても、段階によって改善しやすいもの

改善しにくく、皮膚科でドクターのもと治療した方がいいものがあります。

 

普段できるニキビの多くは

白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビです。

 

白ニキビというのは毛穴が皮脂でふさがれている状態です。

毛穴の部分が小さく白い点状に見えるようになります。

この時期ならケアをしっかりしていれば、比較的早く状態が改善します。

 

それが進行し、皮脂や角質が詰まって毛穴が広がり

詰まったものが空気に触れ、表面が酸化し黒く見えるのが黒ニキビです。

これも、詰まっているものをしっかりと除去し

毛穴を正常な状態にしてあげることで状態は改善します。

 

それが更に進行し、炎症を起こしてしまった状態を赤ニキビといいます。

痛みを伴うこともあり、治し方によってはニキビ跡にもなる可能性があります。

無理につぶすことなく、まずは炎症を抑えることが大切です。

 

ここまでのニキビは、比較的経験している方が多いのではないでしょうか?

しかし、ニキビは更に進行すると黄色ニキビ紫ニキビになって

より治りにくく、より繰り返しやすく、よりニキビ跡も残りやすいものに変化していってしまいます。

 

赤ニキビが進行すると中から膿がでてきます。

膿により表面が黄色く見える為、黄色ニキビと言われています。

ダメージも深部まで広がる為、赤ニキビよりニキビ跡が残りやすい状態となります。

 

しかし更に状態が悪いのが紫ニキビです。

紫ニキビとは膿と血液が混ざり合って奥に溜まってしまっている状態です。

しこり状態で残ることもあり、かなりの確率でニキビ跡になると言われています。

ここまで来てしまうとなかなか根本的に治すことは難しくなりますので、

皮膚科など専門的な所に相談するのがいいかもしれません。

 

ニキビは予防と再発防止が必要となります。

出来てしまったニキビは、炎症を起こす前にしっかりとケアすることをお勧めします。

普段のケアに加え、美容鍼を行うとプラスの効果を得られますので

一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?