当院では、目まいの症状でお悩みの方も多く来院されています。

今日はめまいについてお話したいと思います。

 

めまいとは、体のバランスを保つ機能に障害が起こることを言います。

「自分の体が回っている」「雲の上を歩いているようなふわふわ感」など個人の感じ方により様々ありますが、

皆様はどのような感じがするでしょうか?

体の平衡(バランス)をつかさどる器官には三半規管、耳石器、前庭神経、脳幹、視床、大脳皮質があります。

このどの器官が障害されてもめまいがおこります。

 

まず、三半規管について。

三半規管は体の動きをとらえる器官で、回転などの動きを鋭敏にキャッチします。

三半規管に障害が起こると体が回転するようなめまいをおこします。

次に、耳石器について。

耳石器は加速度や重力をとらえる器官です。

ここが障害されると、ふわふわするようなめまいをおこします。

三半規管と耳石器は前庭神経といって、脳幹へ伝えられます。

前庭神経が障害されると、強い回転性のめまいがおこります。

また、脳幹からの情報は視床、さらに大脳皮質へ伝えられます。

ここの障害ではふわふわするようなめまいを感じることが多いのです。

 

めまいを大きく分けると、耳から生じるめまいと、脳から生じるめまい、加齢によるめまいの3つに分けることができます。

 

耳から生じるめまい・耳から生じるめまいでは難聴、耳鳴り、耳がふさがった感じが、めまいと同時に悪化します。

これらの症状を「耳症状」と呼びます。

 

脳が原因でおこるめまいは、耳鳴りや難聴、耳閉感をともないません。

めまいも耳から生じるめまいにくらべると軽いことが多いです。

しかし、脳の障害による特徴的な症状があらわれます。

たとえば、物が二重に見える、顔や手足がしびれる、力が入らない、手がふるえるなどの症状です。

また、耳から生じるめまいは何度も何度も同じめまいを繰り返すことが多いのですが、

脳から生じるめまいは、いままでに経験したことのないようなめまいであることが多いのです。

 

加齢によるめまいに関してですが、

歳を重ねるごとにめまいはおこりやすくなります。その理由には次のようなものがあげられます。

1. 平衡感覚が衰える

お年寄りでは内耳や前庭神経、前庭神経核、大脳皮質などの神経系の老化によって変性していきます。

そのために平衡感覚の情報をうまく処理できず、めまいをおこしやすくなります。

 

2. 血圧を調節する能力が衰える

年をとると血圧を調節する能力が衰え、血圧の変動がはげしくなります。

その結果、脳幹や視床、大脳皮質に酸素や栄養が十分に送れなくなり、めまいをおこしやすくなってしまいます。

 

3. いろいろな病気をかかえている

高血圧症、糖尿病、あるいは動脈硬化症などいろいろの病気がおこってきます。

これにたいしてクスリを服用しますが、そのため病気やクスリの副作用によるめまいも頻発してきます。

 

加齢によるめまいの特徴は、原因を簡単に明らかにできないことが多いことです。

たとえば若い人であればめまいにともなって難聴や耳鳴りが生じれば、耳に原因があるとわかります。

ところがもともと耳鳴りがあったり、以前から難聴であることが少なくありません。

こういう状況の下にめまいがおこったとしても、かならずしも耳に原因があるとはいえないのです。

回転性のめまいがおこるような病気であっても、揺れるようなめまいとして感じることがあります。

このように、診断がむずかしいのがお年寄りのめまいです。

 

上記のようにめまいには様々な原因、症状が見られますが、

当院では、自律神経を整える方法として、効果の高い鍼灸治療をお勧めしております。

目まいでのお悩みもお気軽に当院まで、お問い合わせください。

スタッフ一同お待ちしております。

ホーム