こんにちは。

さて、今日は心配事がお身体に与える影響についてのお話です。

心配事は誰でもひとつくらいは抱えているのもだと思います。

しかし、心配事をかかえすぎて思い悩むことはストレスになり体に悪影響を及ぼします。

実感している方も少なくないのではないでしょうか?

 

実は東洋医学では、ずっと昔からストレスなどの情動変化が体調に及ぼす影響を考えて治療が行われてきました。

東洋医学では、体の働きを肝・心・脾・肺・腎の五臓に分けて考えます。

現代医学でいうところの、肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓をイメージされる方もいると思いますが少し異なります。

東洋医学では臓器そのものというよりは、臓器の働きとそれに伴った体内のエネルギーの流れなども含めて包括的に分類しています。

 

特に脾は消化吸収に大きく関わるので、お腹周りのトラブルとの関連が深いです。

 

脾の主なはたらきは

消化吸収

→飲食物をエネルギーや血に変えて全身(特に上方)へ送る

これが乱れると、食欲減退、腹部の膨満感、下痢、浮腫、内臓下垂が起こります。

 

血の管理

→血管から血が漏れないようにするはたらき

これが乱れると、血尿、血便、月経過多が起こります。

 

消化物を腸へ降ろすはたらき

これが乱れると消化不良、便秘、嘔吐が起こります。

 

話が少しそれますが、

感情も努・喜・思・憂・恐の五つに分類することができ、それぞれ

『怒と肝』・『喜と心』・『思と脾』・『憂と肺』・『恐と腎』が深い関係にあります。

脾の『思』とは思慮・思考・思い悩むことです。

つまり深く思い悩んでいる状態が続く事により、脾の機能に悪影響を与えてしまうのです。

思い悩むストレスでお腹を下したり、食欲がわかないといった状態がまさにこの状態といえます。

 

 

ストレスとお身体の関係は、東洋医学ではこのように考える事ができます。

鍼灸治療では全体の体のバランスを整えるとともに、脾の消化吸収機能を整えてあげることで体調の改善を図ります。

最近心配事をためこんでいて、お腹の調子も悪いと感じる方は鍼灸治療により症状が改善される可能性があります。

 

ご興味のある方は、ぜひ一度お試しください。

みなさまのご来院を心よりお待ちしております。