ローズの花鍼灸整骨院では、開院以来、肩こりや頭痛に悩む多くの方が来院され、
治療をさせていただいております。
パソコンをしていると肩がこる!
肩こりがひどくなると決まって頭が痛くなる!
目が覚めた時から肩がつらい!
そんな症状の方がとても多くいらっしゃいます。
肩こりの女性のイラスト
デスクワークなどで同じ姿勢が続くと肩や首、背中の筋肉が疲れてきます。
そうすると、筋肉に乳酸などの疲労物質がたまり、筋肉が硬くこわばって張ってきます。
また、寝不足やストレスなども筋肉を緊張させ、疲労物質をためこんでしまいます。
このような筋肉の疲れが筋肉の張りや凝り、ダルさなどの症状を引き起こすのです。

 

そのまま肩こりを放ってしまうと、こわばった筋肉が血管を圧迫し血行不良となり、凝りの悪化に繋がります。
また末梢神経が傷ついて、ジーンとする痛みやしびれが生じてきます。
頭部、顔面の症状、首の後ろ~頭部~側頭部の痛みが起こり、目の奥が痛くなったり、眼精疲労によって「めまい」
を 生じやすくなります。
凝りや痛みが強くなると、吐き気をもよおしたり、気分が悪くなったりもします。

では、なぜ眼精疲労によってめまいが生じるのでしょうか。

脳には大量の血液が必要なため、首には左右で4本もの動脈が通っています。
ひどい肩こりになると、首の動脈を圧迫するようになってしまい、血流が悪化します。
その結果、十分な血液が脳に対して届かなくなったり、静脈に血がたまってしまい、うっ血を起こしたりします。
そして、酸素不足が起こり、めまいの原因となってしまうのです。

頭痛の中で最も多いのが「緊張型頭痛」です。頚椎の配列が悪いと頚部の筋肉に負担がかかり、頭から首、肩にかけての筋肉が緊張し、血流が悪くなると疲労物質が筋肉にたまり、神経を刺激して痛みが起こります。
筋肉の緊張は、長時間同じ姿勢や、心配や不安などの精神的なストレスが原因でも起こりやすくなります。
また、歯の噛み合わせや目の疲れ、メガネによる圧迫、高さの合っていない枕なども原因となることがあります。

 

頭痛を放置していると・・・
一度頭痛が起こると、痛みによって筋肉の凝りや血流の悪さがますます増幅され、頭痛がひどくなっていつまでも続く、という悪循環に陥ることになります。
また、頭痛は誰もが経験したことのあるありふれた症状であり、繰り返し起こっても心配のないものが多いのですが、
中には命にかかわる怖い頭痛(脳などの病気が原因で起こる頭痛: 脳腫瘍、くも膜下出血、慢性硬膜下腫瘍、髄膜炎による出血)もあります。
では、肩こり頭痛を解消するにはどうすればよいのでしょう。
一つは、十分に栄養・休養をとってストレスをなくし、心身の疲れを取り除くことです。
あとは現代社会に欠かせないスマホやパソコンをよく見ている方は定期的に目を休めて下さい。
パソコン作業時間が長くなると、眼に大きな負担をかけてしまいます。
目を酷使することで肩こりがでてきますので、1時間毎に1回休憩をとりましょう。
遠くを見たりするだけでも眼は休まり、肩こりの解消に役立ちます。
同時に、肩や腕の緊張をほぐすと眼も休まりますので、全身の筋肉を動かしましょう。
もう一つは長時間、同じ姿勢をとらない事です。
血流がどうしても悪くなり、肩こりを起こしてしまう場合があります。
仕事上どうしても同じ姿勢のままでいなければならない方もいますが、
そのような方は少しの時間でも休憩をとる事が肩こりの予防につながります。
他には効果的な入浴がお勧めです。
38~40℃くらいのぬるめのお湯にゆったりとつかりましょう。
又、適度な運動も予防になります。
肩まわりだけでなく、身体のバランスを整えるために、軽い全身運動がおすすめです。
上記に挙げた解消法を是非実践してみてください。
それでも肩こりや頭痛にお悩みの方は当店にお越しください。

ローズの花鍼灸整骨院では、手技や鍼灸治療により肩こりや頭痛を根本的な原因から突き止め即効性のある治療を行っております。

 

詳しくはこちらをご覧ください ↓