こんにちは。

秋も深まり朝晩は冷え込むようになりましたね。

空気が冷え込むと、身体の血流の流れも悪くなるのでさまざまな不調が起こります。

 

その中でも意外と思われるかもしれませんが、寝違えも起こりやすくなります。

朝起きた時にぴきっと痛めてしまったり、首が回せないなどの症状が出る寝違えですが、しっかり原因があります。

 

肩コリや首コリなど疲労が蓄積した状態では、血流の良いところロ悪いところの差が顕著になります。

それに寒さが加わるとより血流バランスに差が生まれ、動きの良い筋肉とそうでない筋肉の差も大きくなります。

そのため、いつもの感覚で身体を動かしたときに、動きの悪い一部に大きな負担がかかるため痛めてしまうのです。

 

これが首に起これば寝違えですし、腰に起こればぎっくり腰となります。

寝違え・ぎっくり腰を引き起こさないためには、普段から疲労を溜め込まないことが大切です。

 

動けないほどの痛みを生じてしまう前に、日々のケアをしていきましょうね。