こんにちわ

ローズの花鍼灸整骨院新田店です。

今日は三角筋下滑液包炎というものについてお話していきます。

良く野球肩という言葉は聞くことがあるとは思いますが、その原因となるものの一つです。

ではこの「三角筋下滑液包炎」というものがどういうものかといいますと、

主に肩の前側に痛みがある状態になります、また、野球の際ですと投げ終わった後フォロースルーと呼ばれる期間に痛みが出てきます。

原因としましては使いすぎが一番に挙げられます。

肩を動かすことで関節近くの滑液包というものがすれていきますので、それが炎症へと繋がっていきます。

また、他にも菌への感染や痛風結石などが原因になる事もあります。

治療方法としましては、炎症が起き始めのときは冷やして頂き、

絶対安静というのが、基本的な治療となってきます。

しかし、肩を動かさないということは仕事や普段の生活にもおおきな影響を与えますので、

実質不可能なので、当院では肩周りの筋肉をほぐしていき、動かしてもあまりすれないような状態にしていきます。

気になる方はご相談だけでも是非ご来院ください。