こんにちわ

ローズの花鍼灸整骨院新田店です。

本日はシンスプリントについてお話していきます。

シンスプリントは学生の特に走っている方に多い怪我です。

よくシンスプリントは初心者病などと言われますが、本当はどうなのでしょうか、

シンスプリントの原因からお話していきますと、良く言われるのは使いすぎや、足の使い方の問題です。

これも間違ってはいないのですが、根本を言いますと足の筋肉が硬くなってしまっているというのが

原因となってきます。

なので、初心者で走り方に無駄がある方、けり方がわからない方、普段使わない筋肉をたくさん使った肩

などに多く起こります。

また、偏平足などの方も歩いたり走ったりする際に、脛当たりの筋肉を使いすぎてしまい、シンスプリントになりやすいと言われています。

では、そういう方はどうしたらいいのでしょうか。

まず一つ目として硬くなる前に足をあっためてみて下さい。

そうすることで、血流を良くし、筋肉が固まってしまうのを防いでくれます。

二つ目はしっかりとストレッチをしてあげましょう。

しっかりとと言っても強く痛いくらいにやればいいというわけではありません。

軽めに筋肉が突っ張るくらいで構いません。

ですが、少し時間をかけてやってあげましょう。

目安としては一つの部位に対して20から30秒くらいです。

またやる場所としては、ふくらはぎの前と後ろ、足首、足の指です。

以上の事をやっていけば、予防になりますし、軽度のシンスプリントであれば、次第に良くなっていくと思います。

以上の事をやっても良くならない場合、近くの接骨院に行ってみましょう。

自分ではできなかったストレッチや、機械を使っての治療、また大会が近い方などには

テーピングを巻くことによって、痛みの軽減などをすることが出来ます。

当院はスカイツリーラインの沿線に5店舗展開していますので

お近くに接骨院がない方や、どこに行っていいかわからない方専門のスタッフがご相談に乗りますので、

ご相談やお電話だけでも是非、お越しください。

患者様のお力になれるよう、スタッフ一同心よりお待ちしております。