テニス肘とは、ラケットを使う競技のするスポーツ選手に多く見られる上腕骨外側上顆炎(内側上顆炎)ともいいます。

使いすぎなどで肘の外側に痛みが現れます。タオルを絞るとき、重い荷物を持つときなどに肘から上腕骨にも痛みが現れます。

上腕骨外側上顆炎は、上腕骨外側炎にたくさんの筋肉が集まっており、その筋肉の付着部に炎症が起きてしまい発症します。

上腕骨外側上顆の場所は、手で握りこぶしを作り、力を入れると、肘の真ん中付近にくぼみができます。そこが上腕骨外側上顆です。

そこに痛みが走れば上腕骨外側上顆炎となります。

他にも、上腕骨外側上顆炎かを調べるテストがあり、

チェアテスト>>椅子を上からつかみ、持ち上げようと痛みが走ります。痛みがあったら陽性です。

中指伸展テスト>>中指を反対の指で爪側から下に押します。それに逆らって痛みが出たら陽性です、

 

なぜ、中指でテニス肘かわかるのかというと、中指には短橈側手根伸筋が中指の付け根についているからです。短橈側手根伸筋はテニス肘が

大きく関係している筋肉です。

トムゼンテスト>>軽くこぶしを握った状態で反対の手で押さえ、こぶしを返すように上げようとして痛みが出たら陽性です。

治療方法としては、休ませるのが一番大切です。使いすぎが原因の症状からです。

 

無理をすると再発などの原因に繋がってしまいます。

治療を続ければ、大半の方が治る症状です。

気になる症状などがありましたらお気軽に当院にお越しください。

詳しい情報はこちらまで>>http;//www.rose-souka-shinden.com