最近夜なかなか寝付けない、寝てもすぐに目が覚めてしまう、眠りが浅く疲れが取れないなど

不眠症にお悩みの方は多くいらしゃると思います。

不眠症の原因には、自律神経が大きく関係しています。

何故、自律神経が大きく関係しているのかというと、、、

自律神経のバランスは辛い経験など大きなストレスを感じたことの後に乱れやすいですが、その他にも神経のバランスを乱しやすい要因の1つとして寝不足が挙げられます。
人間関係の乱れ・仕事のプレッシャー・精神的ストレス・過労・事故・怪我・、季節の変化などの温度など些細なことでも身体的なストレスとなって自律神経の乱れの原因になってしまいます。
寝不足からかかりやすい自律神経の症状として、自律神経失調症の症状があげられます。

自律神経失調症の症状は以下の通りです。
不安、緊張
憂鬱、抑うつ
めまい、吐き気
倦怠感、変な汗
頭痛、肩こり
手足の違和感やしびれ
動悸、不整脈

寝不足

この自律神経失調症に現れる症状は、人によって異なるのですが、寝不足は自律神経失調症にお悩みの方に

多く共通してみられています。自律神経失調症にお悩みの方は、この症状の前から寝不足に悩まされております。

今現代は、5人に1人が不眠症といわれています。

そして、肩こり、頭痛、めまいなどの症状にも悩まされてしまいます。

当院では、お勧めしているのが鍼治療です。

当院には寝不足でお悩みの方が多く来院されその多くの方が鍼治療をされていきます。

通院していただくうちに、夜寝つきがよくなった、疲れ、頭痛がよくなったと言っていあただいております。

鍼治療で、自律神経のバランスを整え、血の流れを良くして症状が出にくい体に治療していきます。

寝不足でお悩みの方は我慢をせず当院にお越しくださいませ。辛い症状を一緒に改善していきましょう。

鍼治療は、完全予約制となっておりますので、お電話お待ちしております。

詳しい内容はこちらまで↓

http//:www.rose.souka.shinden.com