こんにちは

ローズの花鍼灸整骨院新田西口店です。

今日はローテーターカフという筋肉についてお話していきます。

ローテーターカフ言葉に聞きなじみがある方は少ないのではないでしょうか。

ローテーターカフとは4種類の筋肉の総称で肩周りの筋肉で主に、肩甲骨に付着し、肩の安定性を高めるという働きを持っています。

しかし、このローテーターカフは個々としては細い筋肉なので、傷つきやすくまた

よく使う筋肉でもあるので、治りにくく、日常生活にも影響が大きいので

ローテーターカフは怪我した際に早めに治療して頂きたい怪我の一つです。

ちなみに、四十肩や五十肩と呼ばれる、肩を上げにくくなってしまう症状も

この、ローテーターカフが傷ついているせいということがあります。

また、野球肩などのスポーツ障害もこのローテーターカフの怪我が原因ということも

多いです。

ローテーターカフを怪我してしまった場合、腕を上げると痛い

腕を上げたまま維持できない、手のひらを下に向けたり、上に向けたりすることが痛いなどの

症状がみられます。

当院では、超音波での早期回復の為の治療や、テーピングでのローテーターカフの負担を減らし、

痛みの軽減などの治療をしていきます。

方が上げにくく困っている方や、動かすと肩が痛いなどのお悩みをお持ちの方は

多いと思います。

そんな方はほおっておかずに、ぜひ当院にご相談だけでも心よりお待ちしております。