台風一過で本日はよく晴れてますが…

天気が悪いと体調が何となく悪い・・・なんて方はいらっしゃいませんか?

 

天気が悪い、例えば雨なんかだと気圧の変動・湿度、温度の移り変わりなどで体調が悪くなる方がいらっしゃいます。

これは、環境の変化によって自律神経が乱れてしまうことに原因があります。

自律神経の乱れによって起こる症状としては、頭痛・倦怠感・不眠・肩こりなど様々です。

 

自律神経とは・・・

交感神経→運動のとき、緊張しているときなどに働く神経

副交感神経→寝ているとき、リラックスしているときなどに働く神経

の2つの神経からなり、両方がバランスを取りながら働いて人間の身体を維持しています。

 

気温の変化が激しいと身体が付いていけず、この2つの神経のバランスが崩れてしまいます。

雨の日に体調が優れないだけでなく、季節の変わり目で体調を崩してしまうのもこれが原因です。

 

対策方法としては

・温度の変動をなるべく無くすために服装などを調整する

・よく眠る

・栄養をしっかりととる

 

などの対策をして、症状が出ないようにする・または出ても症状が軽くなるようにする必要があると思います。

まだまだ朝と夜の気温差が激しくなる日もあると思いますので、体調に気を付けて下さいね。

 

ローズの花鍼灸・整骨院新田西口店

https://shinden.rose-no-hana.com