こんにちわ

ローズの花鍼灸整骨院新田店です。

今日は「ぎっくり腰」についてお話していこうと思います。

ぎっくり腰という名前自体は多くの方がご存知かと思いますが、では実際にはどのような状態なのでしょうか?

「ぎっくり腰」は別名「急性腰痛」といいいわゆる腰痛です。

なので基本的には筋肉の緊張や疲れの蓄積などが原因で起こってきます。

その筋肉が固まってしまっている状態のときに、腰に負荷がかかると一気に腰の筋肉が切れてしまったりしてしまいます。

その後炎症が広がっていき、ぎっくり腰のような少し動くだけでも痛いというような状態になってっしまいます。

予防法としては、疲れを溜めないことや、腰に負担がいかない動きを心掛けることです。

もしなってしまったら、できるだけ安静にして、冷やしてください。

また難しかもしれませんが、さらしのようなもので、腰を圧迫してあげると痛みが重症化しにくくなります。