こんにちは。

いつの頃からか「ぎっくり首」という言葉を聞くようになりましたね?

状態的には「ぎっくり腰」と同じような意味合いで使われているそうです。

症状としては・・・

・首の筋肉がひどく緊張している・凝っているところや緊張しているところを押すと痛みがある。

・じっとしていても違和感ある ・動かすと痛み出る。

寝違えと似ているのですが、ぎっくり首は寝違えよりも2、3週間も痛みが続くこともあります。

上の方の頸椎は、自律神経を制御している脳幹と繋がっています。

つまり首の痛みが長引くと自律神経も乱れてしまいます。

もし強い痛みが出た場合は、揉んだりたたいたり必要以上にまわしたりせずに

安静な状態を保つようにする方がいいです。

強い痛みがある時は、筋肉が硬くなっていて無理に動かしたりすると

血管や神経を傷つける恐れがあり、痛みが増強してしまうことがあります。

ぎっくり首は急に起こるものが多いです。

特にPC作業、長時間のスマホ使用等で夢中になっていた後などに起こりやすいです。

また首肩まわりの凝りがなかなか解消されないと頭痛などにもつながってきてしまいます。

筋肉を緩ませることで、症状の緩和も促すことができます。

安静にしてもし良くならない場合は、病院に行くか鍼灸施術を受けてみてください。

症状でお困りのことがありましたら、是非当院にご相談ください。