生活において、スポーツに力を入れる事も体の構成やメンタル面で大切になってきます。

現役で部活をしている学生も今もスポーツをしている方も各々練習に励んでると思います。

スポーツでの一番の障害はスランプや挫折ではなく私はケガだと思っています。

日々練習をしていると、身体の状態は疲労していき

体のケアを怠っていくと身体の不調につながり、ケガの原因になります。

多くの人達がそのケガのせいで自分のパフォーマンスを最大まで活かせないのです。整骨院に来る患者さんの中で多いのが、身体の柔軟性がない方達で、ストレッチをすると硬さが目立ち、関節や靭帯に負荷がかかりやすい身体をしています。

スポーツをする中で体の柔らかさは重要でどれだけのリスクを回避できるかスポーツ経験者ならわかるはずです。ですが、練習量だけが多く、ストレッチや疲労回復に時間を使う方は少ないのが現状で定期的なケアができずケガをし長期の休みを取らざるおえなくなります。

怪我を予防しながらスポーツを続けるには自分自身の意識改革と自分に合ったメニューが大切になります。

スポーツの怪我は大きく分けて外傷性の怪我とオーバーユースでの怪我に大別できます。外傷性の怪我はそのプレイしているスポーツにより様々で、捻挫から脱臼、骨折とケガの度合いも違います。ここでの怪我を防ぐにあたり自分の意識改革は重要でスポーツ上での怪我のリスクを把握している事、瞬時の外力から身を守れる精神状態を保つ事が大切です。

つい集中しすぎてしまい無理な力のかけ方や、コンタクトスポーツでの負けたくない気持ちが大怪我につながる事も十分にあるので、時には潔く敗北を認めることも賢明な一つの判断です。

 

万が一外傷性の急性期の怪我をしてしまった場合、応急処置でケガの治癒速度も変わっていきます。皆様はRICE処置をご存知だろうか、RICE処置とは(安静)(アイシング)(挙上)(圧迫)の事をいい英語での頭文字を取りRICE(ライス)といいます。

急性期の怪我でこの処置をしたかどうかでケガの予後、過程もかわっていきます。安静にすることで怪我の炎症を酷くしないようにし、アイシングする事で患部の感覚を麻痺させ痛みを抑え炎症を沈めて、挙上することで血液を患部に集まりずらくし出血を少なくし(内出血も)、圧迫固定することで出血の拡散を防ぎ、出血量も減らします。

この行為があるかないかで怪我後の身体の反応が全然違うので是非応急処置として覚えておきましょう。

オーバーユースでの怪我の対策もRICEとまではいきませんが日々の練習での積み重ねでおこることが多いので練習後のアイシング処置でオーバーユースでの怪我を未然に予防していきましょう。

筋肉疲労や使いすぎによる筋肉の緊張で熱くなった部位を冷やすことにより筋緊張の緩和を手助けし、後日に疲労を残さなくするのにも有用で筋肉痛対策にも適しています。

スポーツをする上で、怪我は付き物と言われるぐらい頻発しますが、その中でどれだけ怪我をせずに練習を続けていけるか、試合にでてベストなプレイができるかが本当に重要なことだと認識しましょう。

どんなに運動神経が良くセンスがあっても頻繁に怪我をしていれば出れる大会や掴めるチャンスは減っていき

逆に運動神経が並みで努力型の選手でも怪我を絶対にしないのであればこれほど強い選手もそうそういません。それぐらい言える程に怪我をしないでスポーツを続けていく事は難しく、大切なことなのです。