こんにちは。

本日は頸椎椎間板ヘルニアについてお話したいと思います。

まず、頸椎ヘルニアの原因として挙げられているのが、

・加齢的変化
・不良姿勢などの積み重ね
・外傷・運動などによる負荷

などにより背骨と背骨の間にある椎間板というクッションの中の髄核というゼリー状のものが

繰り返しの衝撃や一回の強い外力などで椎間板から飛び出した状態を一般的にヘルニアといいます。

頸椎ヘルニアには色々な症状が見られ、よく見られるのが

首の痛みや肩凝り、背中の痛みに加え、手の痺れや痛み、むくみ、だるさ、

などなど、様々な症状が見られます。

これがさらに悪化してしまうと頭痛やめまい、吐き気、耳鳴り、歩行障害や尿失禁などの症状が出てきてしまいます。

鍼灸治療では痛みの局所やツボへ直接アプローチし、痛みや痺れの軽減をしていきます。

また、血行が改善されることにより筋緊張を和らげることが出来ます。

症状が悪化してしまう前に是非一度ローズの花鍼灸整骨院へお越しください!

お待ちしております♪