こんにちは!ローズの花鍼灸整骨院です!

夏休みに入り帰省などで車に乗る機会が増えてくるのではないでしょうか?

そうすると必然的に交通事故も避けては通れないものとなってきております。

もし「自分が」「友達が」「家族が」交通事故に遭ってしまったとしたら
正しい対処の仕方を皆さんは応えられるのでしょうか??
自信をもってお応えできない人もたくさんいらっしゃると思うので簡単に説明しますね。

①警察へ届ける
加害者からの報告は義務ですが、被害者が届け出ることも必要です。
(とくにケガを負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。)
また、仮渡金の請求などで必要となるので、早めに自動車安全運転センターから
交通事故証明書の交付を受けましょう。

②相手を確認
1.被害者の確認事項として、以下の項目が必要です。
2.加害者の住所、氏名、連絡先
3.加害者が加入している自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号など
4.加害車両の登録ナンバー
5.勤務先と雇主の住所、氏名、連絡先
(※業務中に従業員が事故を起こせば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)

③目撃者を確保
第三者の意見は万が一、相手方とのトラブルになった際などに効果があるため
通行人など交通事故の目撃者がいれば、その証言をメモしましょう。
また、氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうよう、依頼しておきましょう。

④自分でも記録
記憶は薄れることがあるため、できるなら事故直後の記憶が鮮明なうちに、
現場の見取図や事故の経過、写真などの記録を残しておくことも重要です。
記録は賠償交渉終了時まで残しておけば安心です。

⑤医師の診断
その場では軽症だと思っても、あとで意外とケガが重かったという例もあります。
速やかに医師の診断を受けましょう。
そして診断証明書は大切に保管しておきましょう。

簡単な説明ではありますが頭に入れておいて損はないと思います。

当院では交通事故患者様の治療も取り扱っておりますので
医師の診断を受けたがどこで治療していこうか悩んでいる方、
交通事故の事で色々聞いてみたいなという方も、是非、一度、当院へご連絡ください。
ニーズに合わせてご対応していきたいと思っております。
スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。
*******************
ローズの花鍼灸・整骨院 新田駅西口店
埼玉県草加市旭町6-15-26-106号室
TEL&FAX 048-954-6304
*******************