こんにちは!柿澤です!

 

本日は足の裏に痛みが出る足底筋膜炎についてお話いたします。

名前を聞いただけでも足の裏が痛くなりそうな炎症だなと思われる方も多いと思います。

 

基本的には足の裏の内側、土踏まず付近に痛みが出ることがあります。

そこには足底筋膜という筋肉があって、

足を使うことが多いスポーツをしてる方や、立ち仕事、移動仕事が多い方

偏平足やハイアーチ、足の機能が上手く使えてない方に特に発生しやすいです。

簡単に言ってしまえば、筋肉の使いすぎで疲れがたまり、炎症を起こし、

痛みとなって現れてきているものになります。

 

 

特徴としては、朝起きてからの一歩目を床についた時に痛みが出たり

ずっと同じ姿勢で立っていると痛くなってきたり

歩いたり、走ったりした時の蹴り出しで痛みがでたりすることがあります。

 

最初は土踏まずが突っ張るような違和感、軽い鈍痛の場合が多いので

そっとしておけば治るだろうと思ってしまい、痛みを放置してしまう方も多いです。

でも、この足底筋膜炎というものは放置しておくと

そのまま炎症が強くなり、炎症が起きている部分が拘縮してしまうことも。

最終的には足底筋膜の断裂や、骨棘と呼ばれる骨になり手術をしなくてはいけない場合もあります。

 

そのようになってしまわないためにも、少しでも当てはまる症状がございましたら

当院へご相談ください!!!

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。