今回のお話は皆様もよく耳にするであろう神経痛についてお話いたします。

神経痛というとまず真っ先に思い浮かべるのがどこどこが痺れるといったことや痛いということだと思いますが、ではなぜ痛み痺れが出てくるのでしょうか?痺れ痛みの原因は神経を圧迫することによって起こります。正座をしていて足が痺れるなんて経験はあると思いますが、まさにあれが身体のバランスが崩れたりヘルニアを起こしたりすることによって身体の一定部分を使いすぎ筋肉の間を複雑に走行している神経を圧迫し障害を引き起こし障害を受けている神経の痺れ、痛みを引き起こします。また痛みが強い場合には神経とともに神経に血液を送る血管も同時に障害を受けている可能性も高くこの場合は虚血性の神経痛となり神経事態が血液からの栄養をうけることが出来ませんので回復が遅くなります。

このような症状を全般的になんとか神経痛というわけですが、神経痛はあくまでも幼女の名前であり障害を受けている神経の名前を使いなんとか神経痛と言っています。

では神経痛に対してどのような治療法があるのかといいますと有名な坐骨神経痛を例にしていきたいと思います。まず坐骨神経痛これもあくまでも少女の名前であり原因となるものはいくつかあります、例えば脊柱管狭窄症、脊椎分離症、腰椎ヘルニア、梨状筋症候群、また意外なところでは糖尿病によって起こる坐骨神経痛なんてものあります。脊柱管狭窄症、脊椎分離症、腰椎ヘルニアなど神経の根本に近い部分で障害を受けている場合は手術により神経を圧迫している障害を取り除く方法や負担をかけない身体づくりなどが必要になっていきます。この場合神経への圧迫を取り除いた後でも血液が足りず神経が傷ついていると長期にわたり痛みなどの症状が残りやすくリハビリなども長期になってしまいます。梨状筋症候群などの神経の通り道で神経を障害して神経痛を引き起こす場合などは手術などは必要のない場合が多いですが、やはり身体のバランスを整え障害を起こしている場yさへの過度の負担がかからないようにしていく必要があります。また糖尿病などの内科的疾患からくる神経痛はやはり薬による内科的疾患の治療や運動療法をしながら体質改善を目指さなければなりません。

このように同じ少女合うでも原因により治療法などが異なります。当院では骨盤矯正や鍼灸治療などの豊富な治療メニューがございますので痺れや痛みこれは神経痛では?とお感じの刀は是非ご相談ください。