こんにちは。

今回は腕のシビレについてのお話をします。

腕のシビレは、腕を枕にして寝てしまったとか、腕を身体の下に入れた状態で横になっていた時などに一時的に経験したことのある方も多いのではないでしょうか。

これが一時的であれば特に問題ありませんが、ずっと症状が続いたいたり、特に原因が思い当たらないのに腕がしびれている場合不安になってしまいますよね。

シビレというと、「ビリビリとするような感覚」や、「耐えられるけど持続的な痛みの感覚」などになると思います。

シビレの原因は大きく分けて、脳や脊髄の問題で起こる場合と、筋肉や血流の問題で起こる場合があります。

脳や脊髄に何か問題がありシビレが起きている場合は、早急に対処する必要がありますので、原因不明のシビレが続く場合はまず、病院で検査をしましょう。

脳や脊髄に問題がない場合、筋肉の状態や血流が大きく影響してきます。

腕の神経は首の骨の横から出て、首の筋肉に挟まれるようにして腕に伸びています。

そのため、首、肩の筋肉が硬くなると、挟んでいる神経を圧迫し、シビレや痛みなどの症状を引き起こします。

このような状態の場合、鍼灸治療が有効ですので、放っておかずに治療されることをオススメします。

鍼治療は完全予約制となっております。

お気軽にお電話下さい。

http://www.rose-souka-shinden.com