幼少期、小児期に多く見られる症状、肘内障。特に2~6歳に多く見られます。

肘内障とは、生活中にで幼小児が突然肘を痛がって曲げなくなり、時に上肢全体を麻痺があるかのようにまったく動かさなくなります。反復して起こしやすいので注意が必要ですが、いずれ成長とともに生じなくなります。

症状の現れ方は、患肢をだらんと垂らしたまま曲げようとしない、患肢に触れようとすると嫌がり泣き出すといった症状があります。

関節腫脹、熱感、発赤などの他覚所見はみられないために、親御さんたちは見逃してしまうことが多くあります。

 

治療方法は、

肘を直角に曲げて手のひらを上に向け、橈骨頭を押し込むようにしながら、ゆっくりと前腕を内側にひねるように回すことで

コキッという音とともに整復されます。整復後の固定は不要です。整復が成功すると、患児は肘を曲げて上肢を使うようになります。

上記のような症状が、お子さんに診られましたら、肘内障の可能性がありますので、すぐに治療をしてください。

 

当院は、水曜、土曜が定休日になっております。

皆様のご来院お待ちしております。

お電話でのご相談も受け付けておりますので、お気軽にお電話してください。

詳しい内容はこちらまでお願いいたします。

http://www.rose-souka-shinden.com