私たちの関節を動かしているのは筋肉で、その筋肉の両端には、筋肉の力を手足の先端部分まで伝える線維性の組織があります。

それを腱といいます。分りやすい腱の代表としてアキレス腱があります。

筋肉や骨と同様、腱も強い力を支えるための大きな役割をしているのです。そこに炎症が起きてしまうことを腱鞘炎といいます。

一般的に腱鞘炎は手や指を使い過ぎることで発症するといわれています。

同じ動作を繰り返す→一部分に筋肉疲労が蓄積する→筋肉が硬直する→腱鞘炎を発症する・・

といった感じです。

腱鞘炎を引き起こしてしまうと指や手首の関節付近がこわばり、指や手首を曲げる・物を押したり引っ張ったりするなどの動作、物を掴もうとした時ズキズキと痛みを感じるようになります。

指を伸ばしにくくなったりもします。血液循環がスムーズに流れていれば、腱鞘炎を発症する可能性は低いといえます。

仕事上パソコンをずっと使う方の多くが腱鞘炎を感じています。
さらに、「腱鞘炎は女性に発症しやすい」ともいわれています。

出産後に腱鞘炎になり易いともいわれています。主に赤ちゃんを抱っこするという今まであまり無かったことが急に日常になることが原因ですが、それ以外にも女性ホルモンのバランスが崩れたりすることで発症することが考えられます。

腱鞘炎は、手や指の使い過ぎが原因であることは事実ですが、単に手や指の使い過ぎだけで、腱鞘炎を発症するわけでもありません。

詳しい情報はこちらをご確認ください。

https://shinden.rose-no-hana.com