今回は「眼精疲労」についてお話します。

最近はパソコンやスマートフォンの普及で、目を酷使することが増えてきました。

・目がシバシバして疲れが取れない

・目の奥がズーンとしている

・寝ても目が充血している

・目が疲れてくると、首・肩も痛くなってくる

・首・肩だけでなく、頭痛もしてくる

 

上記のような症状が、「眼精疲労」です。

眼精疲労の原因としては、

 

原因①栄養・酸素不足

目・首・肩付近の筋肉が凝り固まっていて、血行が悪くなっており

酸素と栄養がきちんとめぐっていないことが、原因の1つとして考えられます。

目に栄養が行きわたっていないので、疲れを回復できないし、充血も治らないのです。

 

原因②毛様体筋の疲れ

目のピントを合わせてくれている筋肉を毛様体筋と呼びます。

この毛様体筋が凝り固まり、ピントを合わせる機能が悪くなり、

目がかすんだり、ぼやけたり、はたまた頭痛が起きたりするのです。

 

この2つが主な原因です。

その他、精神的なストレスなども眼精疲労の原因となるようです。

 

眼精疲労と鍼治療

鍼灸治療では、まずは首 や肩の筋肉のこりをとることを考えます。

つまり、筋肉の緊張を鍼でゆるめたり、お灸で温めたりするのです。

すると血液循環が改善され、首から上に溜まっていた老廃物が回収されます。

眼精疲労によって発生した老廃物もこうして回収されますから、目の疲れも楽になるのです。

また、鍼やお灸は、自律神経のうち副交感神経を優位にさせることがわかっています。

副交感神経は、リラックスさせる神経です。

緊張したりストレスを感じたりしている間は交感神経が優位になっているので、なかなか疲れがとれません。

鍼灸治療で副交感神経を刺激して、神経に働きかけることにより、

普段の生活では取りきれない疲れやストレスが抜けていきます。

こうして、眼精疲労の原因になっていたストレスや緊張などの精神的要因も、鍼灸治療で取り除くことができるのです。

辛い症状でお悩みの方、是非鍼灸治療をお試し下さい。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

ホーム