皆様、急に食欲が出たり出なかったり、気分が落ち込んだり高揚したり、といったことはないでしょうか?

本日は自律神経失調症についてお話させて頂きます。

 

「自律神経失調症の治療はやっていますか?」

当院にも患者様からのこういったお問い合わせをたくさん頂きます。

自律神経の働きについて自律神経と言うのは、

自分の意思でコントロールできない部分にはたらく神経です。

 

主に、活動する時に働く交感神経、

落ち着きなどに働く副交感神経、

プラスとマイナスとして働くこの2つの神経は、

必要に応じて自動的に切り替わり、主に下記の働きをしています。

◆心臓の動き、外気に対する体温の調節◆

◆感情に対するはたらき(悲しい時の涙や、驚いたときの動悸など)◆

◆ホルモンの分泌(女性の場合、月経や妊娠に関係する事が多いです)、免疫など◆

上記の他にまだたくさんの働きがあり、

その分自律神経の不調は全身のいたるところに症状が出ます。

 

頭痛、眼精疲労、耳なり、味覚異常、動悸、めまいや立ちくらみ、

息切れ、酸欠感吐き気、便秘、下痢、手足の冷えや痛みや疲れやしびれ、

月経不順、肩こり全身の倦怠感、不安感、記憶力や注意力の低下、イライラしやすいなど。

上記の症状の多くは不定愁訴といい、

数字や画像検査などで目に見えて異常がでないものをいいます。

 

上記のものに限らず、人によって様々な症状が心身ともに、

重なって出たり、消えたり増えたりします。

また、これらは自覚症状がありながら、医療機関で「異常なし」と

判断されてしまうことが多くあります。

「自覚症状しかない」ため、検査結果などで明確にすることができないからです。

 

自律神経失調症の原因

 

1.ストレス過度のストレスによる感情の起伏が自律神経に悪い影響を与えます。

悩み、心配、恐れ、怒りなど、ネガティブな感情が過度のストレスを呼び、自律神経の乱れを起こします。

2.緊張状態の継続仕事や家事などでの緊張が長時間続き、リラックスできない期間が長く続いたりすると、

交感神経が働いたままの状態になり、自律神経失調症につながります。

このような方は、休日や睡眠時など、休んでもいい状態なのに、リラックス出来ず心も身体も緊張したままになっています。

3.体内リズムの乱れ睡眠不足や昼夜逆転の生活、不規則な食事など生活リズムの乱れが体内のリズムをくずし、

自律神経の乱れをつくります。

 

自律神経失調症の改善方法

疲れを癒しストレスを溜めないこと!

精神を安定させることが改善につながります。

 

改善の主な方法としては、

1.運動をする

2.就寝30分〜1時間前までに入浴する入浴することで

ストレスはかなり軽減されると言われています。特にその後の眠りを深く安眠しやすくもなります。

できればシャワーではなく湯船に浸かることが大事です。

湯船に浸かり汗をかくことで、体温調整の機能を鍛えることが出来ます。

3.ストレスを発散しましょう

4.安眠できる環境を整える睡眠の1時間前には部屋の明かりを落とし、

リラックスした状態で身体を休めましょう。毎日同じ時間に寝たり起きたり、

リズムのある生活を心がけることが大切です。

 

当院は鍼灸を用いてお身体の体質改善などで自律神経失調症に対して治療していきます。

鍼灸治療は完全予約制のため、お電話でご予約の上ご来院下さい。